« 焼肉「食彩クラブ」で松山最後の夜を | トップページ | 快適なフェリーで一夜を »

フェリーは小魚を飲み込む大魚?

20050212 松山市内の焼肉店で満腹になり、大阪行きフェリーが出航する松山観光港へと向かいます。

松山市街を抜け、真っ暗で車もほとんどすれ違うことのない静かな道を走ります。やがて左の車窓に真っ暗な海が広がり、本当にこの先に港があるのかと少し心配していた矢先、突然暗闇の中に浮かび上がるように目新しいフェリーターミナルの建物が現れました。

大阪行きの乗船場は一番奥のようで、広い駐車場の待ち列の最後尾に車をつけます。トレーラーやトラックが多く、乗用車は10台くらい。車種別に列を成して、フェリーが到着するのを待ちます。

その間に、乗船手続きを済まし、フェリーの着岸岸壁の様子を見に行きました。しばらく様子を見ていると、やがて暗闇に大きな船体が現れ、こちらへ向かってきました。慌てて車へ戻り、乗船を待ちます。

トレーラー、乗用車の順番に、船首を大きく開けた船の中へ順序良く入っていく様子は、まるで口を開けた大きな魚に小魚が吸い込まれていくようです。
どうやら僕の車が最後のようで、大きな魚に飲み込まれるとすぐに、口が閉ざされてしまいました。

|

« 焼肉「食彩クラブ」で松山最後の夜を | トップページ | 快適なフェリーで一夜を »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェリーは小魚を飲み込む大魚?:

« 焼肉「食彩クラブ」で松山最後の夜を | トップページ | 快適なフェリーで一夜を »