« パソコン修理のため休止中! | トップページ | 延々と続く杉林の中で »

目指すは、標高1,420mの桧塚奥峰

20050801
 有志の会、「ばりこ山岳会」。最初はミーティングと称し、夜のネオン街でビール片手に机上プランが多かったが、春から奈良県や三重県を中心に定期的に活動し始め、回を重ねるごとにメンバーも増え、名前負けしない本格的な山登りへと発展してきた。

 今回、目指したのは、標高1,420mの桧塚奥峰。県境の山を除くと、三重県の最高峰の山である。1泊2日の計画で桧塚奥峰登頂後、麓の渓流沿いに自分たちで建てたログハウスを所有する山遊び仲間、渓楽兄貴と共にそのログハウスでの宴会を事務局長の徹竿氏が計画してくれた。その山小屋の宴会につられてか、麓での留守番組を含めて、最多の総勢10名+1匹の参加となった。ん?1匹?実は、参加者ぐっちいさんの愛犬“まろ吉”のこと。登山にはハードとも思えるチワワ犬なのだが、実は前回、金剛山を余裕で登りきった健脚の持ち主である。さて、今回も無事に登りきることができるでしょうか?

 その10名+1匹が集合したのは、早朝5時50分、近鉄橿原神宮前駅。駅前ロータリーでは、近所の住民が集まって体操をしている。それ以外は、人気がなく静かで、夏の朝の爽やかな空気が漂い、気持ちがいい。天気予報では今日は曇り空で、時より雨が降るようだが、今のところ青空で雨の心配はなさそうだ。でも、山の天気は変わりやすいので、カッパは必需品。今日もザックの中に入れている。

 渓楽兄貴のログハウスで留守番組2名をおいて、軽く宴会の下準備を済ませ、いよいよ桧塚奥峰登山口のナマコ谷へ2台の車に分乗して目指す。登山口に続く道は川沿いの山道で、路上には山肌から崩れた石や木の枝が散在した悪路。やがて舗装道路が尽きたところで車を乗り捨て、砂利道の車道をおよそ20分歩いて、登山口に到着。いよいよここから桧塚奥峰登山開始である。

|

« パソコン修理のため休止中! | トップページ | 延々と続く杉林の中で »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目指すは、標高1,420mの桧塚奥峰:

« パソコン修理のため休止中! | トップページ | 延々と続く杉林の中で »