« 焚き火を囲んでの贅沢な宴会準備 | トップページ | 山小屋で朝を迎えて »

焚き火を囲んだ宴会最高潮に!

20050808
三重県の桧塚奥峰下山後、麓の渓流沿いにあるログハウスでの焚き火宴会。

明るいうちから始めた宴会だが、やがて日没を迎え、川の音のみが聞こえる真っ暗な中で、焚き火の火が形を変えながらあたりを照らしはじめた。その頃になると、アルコールが程よく体に浸みわたり気分も最高潮。ここで渓楽兄貴による恒例、フルート演奏のはじまりはじまり。時よりつまりながら、フルートの柔らかく滑らかな音色?が静かな山に響き渡る。

宴会場所を離れると明かりがまったくない暗闇。トイレに行くときは、ヘッドライトを頭につけ、足元に注意しながら歩かなければならない。打ち合わせもしていないのに、初参加のメンバーの数人は、LEDのヘッドライトを持参しており、準備がよろしい。

ライトの明かりを消し、暗闇の中で空を見上げてみると、無数に点在する星たち。地面に横たわり、空を眺めていると、流れ星がサーッと流れる。流れ星は一瞬で空のどこに現れるかわからないので、隣同士で同じ空を見ていても「あっ、流れ星」「えっ、どこどこ?」と言っているうちに終わってしまう。川の字に寝そべって、しばらく目を凝らしながら大空を眺め過ごした。

|

« 焚き火を囲んでの贅沢な宴会準備 | トップページ | 山小屋で朝を迎えて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焚き火を囲んだ宴会最高潮に!:

« 焚き火を囲んでの贅沢な宴会準備 | トップページ | 山小屋で朝を迎えて »