« 山小屋で朝を迎えて | トップページ | 奈良県東吉野村の韃靼そば »

川遊び

20050810
三重県の桧塚奥峰下山後、麓の渓流沿いにあるログハウスで夜遅くまで続いた焚き火宴会。朝を迎え、たっぷり朝ごはんを食べて、食後の運動に目の前を流れる渓流へ。

豊かな水量の清らかな流れが、光を浴びてキラキラと輝いている。また、輝く太陽の光が山の緑を照らし、青空とともに鮮やかな光景となって目に飛び込んでくる。目の前にそんな光景が広がると、川の中に入りたくなる。川岸に駆け寄り、靴を脱ぎ捨て、パシャパシャと足を浸けて水遊び。とても冷たくて気持ちよい。

足を水に浸けているだけでは物足りなくなり、今度はシャツを脱ぎ捨て泳ぎ出す者も。流れが穏やかで、そこはまるで自然の中のプール。川の水は冷たいが、気温はぐんぐん高くなり、泳ぐには絶好のコンディション。まるで子供のように、大の大人がパンツ一枚でスイスイと気持ちよさそうに泳ぐ。

小さな岩に挟まれた川の流れが、ちょうど良い自然の流れる滑り台。流れに身を任せ、ザブーン。さらに後に続いて、ザブーン。真夏の暑さを感じさせない、涼しい気分になるひと時でした。

|

« 山小屋で朝を迎えて | トップページ | 奈良県東吉野村の韃靼そば »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川遊び:

« 山小屋で朝を迎えて | トップページ | 奈良県東吉野村の韃靼そば »