« 白骨温泉、大石館を訪問 | トップページ | 白骨温泉野天風呂 »

白骨温泉、大石館の湯

20051020
ガラガラと大石館の浴室の扉を開けると、乳白色の白骨の湯が溢れる正方形の木枠の浴槽が目に飛び込んできます。が、目的地は内湯ではなく、先の露天風呂。

外の夕暮れ時の冷えた山の空気に触れ、露天風呂に浸かると湯加減がちょうど良い。さっきまで降っていた雨が上がり、迫る山々の木々に絡みつくようにうっすらと霧が立ち込めています。しばらくのんびり川の流れを聞きながら、上高地トレッキングの余韻に浸ります。みるみるうちに日が暮れいき、やがて暗闇に宿の部屋の明かりが浮かび上がってきました。

最後に、内湯に入ると、これが熱い。露天風呂に比べると、はるかに熱い。でも、じーっと我慢して肩まで浸かり、乳白色の湯と硫黄の香りで白骨の湯を満喫しました。

|

« 白骨温泉、大石館を訪問 | トップページ | 白骨温泉野天風呂 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白骨温泉、大石館の湯:

« 白骨温泉、大石館を訪問 | トップページ | 白骨温泉野天風呂 »