« 津和野の宿「わたや」の珍客 | トップページ | 山陰の小京都、津和野を散策 »

津和野の宿「わたや」の雪見露天風呂

20051228
 風邪をひいてしまい、宿の近くの和崎病院で注射を打ってもらった後、熱にうなされながら一晩布団をかぶって過ごした津和野の夜。病気だということで仲居さんが特別に部屋まで持ってきてくれた宿の食事も、あまり喉を通らず、機械的に口に運んで食事を済ませ、一晩ゆっくり休みました。おかげで、朝になると熱も下がり、体も軽くなった感じで、だいぶ元気になりました。

 せっかくの温泉宿に宿泊して、温泉に入らないわけにはいかない。ということで、朝、熱を放出させるため汗まみれになった体を流そうと、最上階の5階にある温泉へ直行。
 宿の温泉は、「たたみ風呂」「ひのきの湯」「展望露天風呂」があり、「たたみ風呂」「ひのきの湯」は男女入れ替え制。「たたみ風呂」とは、洗い場がなんと!畳敷きになっているそうです。残念ながらこの日の朝は「ひのきの湯」だったので、見ることができなかったのですが、熱い湯に浸かり、昨晩の疲れを汗と共に洗い流し、気分も体もサッパリしました。

 露天風呂に出ると、冷たい風が火照った体に突き刺さり、体が冷え切ってしまいます。すぐさま肩まで湯に浸かり、昨晩の楽しみを取り戻すかのようにゆっくりと朝の雪景色を堪能しました。

津和野温泉宿「わたや」
島根県鹿足郡津和野町後田ロ82-3
電話:0856-72-0333

|

« 津和野の宿「わたや」の珍客 | トップページ | 山陰の小京都、津和野を散策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津和野の宿「わたや」の雪見露天風呂:

« 津和野の宿「わたや」の珍客 | トップページ | 山陰の小京都、津和野を散策 »