« マキノ高原スノーシューへGO! | トップページ | 雪山山頂での昼食はやはりこれ! »

スノーシューで頂上を目指す!

20060228
 今シーズン、初めてスノーシューのフィールドに選んだのが滋賀県マキノ高原。会社の先輩、Wさんを誘ってふたりで「箱館山・国境 スキー&スノボ遊ぼ!パス」を使ってJRでマキノ高原へと向かった。

 スノーシューのレンタル手続きを済ませ、一目散にフィールドへ。マキノスキー場を横切り、近くの山へと続く林道を登っていく。スノーシューのレンタルをしている「美加久(みかく)」のおじさんに出発前にスノーシューのコースについて聞いたところ、スキー場をぐるっと囲むように登山道があるようだが、雪深く迷ってしまいそうだという。そこで、教えてもらった林道を登り、山頂から場合によっては引き返すルートを選択した。同行者はスノーシュー初心者であるし、それでなくても雪山での無理は禁物である。

 その教えてもらった林道は、スキー場の端からそれて山のほうへと緩い上り坂が続いている。スノーモービルが通った跡が残っており、それを頼りに山道を突き進む。

 ザクッザクッとスノーシューの爪を立てながら、一歩一歩確実に雪を捕らえる。足裏に伝わってくる雪の感触がたまらない。そんな急坂ではないが、延々と続く上り坂で汗だくになり、ちょっと休憩。トレッキングでは、暑さ寒さを調整できるレイヤリング(重ね着)が役立つ。下着、中間着、アウターと重ね着しているので、中間着もしくはアウターを脱いだり着たりして、体温調節することができる。

20060228-220060228-3

 少し休憩して登り続けると、急に視界が広がり、スタート地点の麓のスキー場が小さく下のほうに見えた。もうこんなに登ってきたのか。頂上はもう少しかな?

|

« マキノ高原スノーシューへGO! | トップページ | 雪山山頂での昼食はやはりこれ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーシューで頂上を目指す!:

« マキノ高原スノーシューへGO! | トップページ | 雪山山頂での昼食はやはりこれ! »