« マキノ高原温泉「さらさ」でスノーシューの汗を流す! | トップページ | 六甲山頂を目指して ロックガーデンからの眺め »

六甲山頂を目指して 芦屋川~高座の滝

 2月のある土曜日、およそ1ヵ月ぶりの「ばりこ山岳会」活動の場として、芦屋~六甲山~有馬温泉縦走を隊長の徹竿氏が計画。その計画に賛同したメンバーは、「ばりこ山岳会」のいつもの面々。中には強引に仕事を変更して、休みを振り替えたメンバーも…。回を重ねるごとに結束がより強固になってくるように思える「ばりこ山岳会」である。それはきっと、隊長の強いリーダーシップが皆を山登りへと駆り立てるのであろう。

 いつもより少し遅めの朝9時。集合場所の阪急芦屋川駅に時間ちょうどに到着すると、既に今回参加表明したフルメンバーが揃っている。みんなやる気満々だ。駅前で集合写真を撮り、さあ出発!

2006030420060304-2

 芦屋川に沿って山のほうへ緩やかな坂を上っていく。あたりは静かな芦屋の住宅街。立派な家が建ち並ぶ高級住宅街の中を標識に沿って歩くことおよそ30分。2軒の茶店に続き、落差10mほどの小瀑布、高座の滝に到着。

 多くの登山客で賑わう中、しばし休憩。

|

« マキノ高原温泉「さらさ」でスノーシューの汗を流す! | トップページ | 六甲山頂を目指して ロックガーデンからの眺め »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山頂を目指して 芦屋川~高座の滝:

« マキノ高原温泉「さらさ」でスノーシューの汗を流す! | トップページ | 六甲山頂を目指して ロックガーデンからの眺め »