« 道の駅に列車を発見! | トップページ | だんご茶屋のりゅうぜんだんご »

永平寺の門前で名物の雲水そばを堪能!

 向かう先は、曹洞宗大本山永平寺。

 とその前に、腹ごしらえ。山代温泉を昼過ぎに発ったので、永平寺の門前に到着した頃にはお腹がペコペコ。永平寺には、お目当ての蕎麦屋があるので、その店を目指し、ここまで我慢してきたのだ。

20060529
 そのお目当ての店とは、古跡館りうぜん。永平寺に向かう国道364号線沿いの畑の中に建つ古跡館りうぜんは、毎日打っている手打ちそばが味わえる。実は、今回訪れるのは二度目で、その田舎風の店構えに魅かれて暖簾を潜ったのがこの店とのはじめての出合い。それ以降、永平寺を訪れる機会があればもう一度、この蕎麦屋でそばを食べようと考えていたのだ。

200605292
 ここの人気メニューのひとつ、雲水そばを注文。昆布から抽出しただしにつけて、冷たいおそばをすする。おろしととろろの二色のだしを楽しめるのがうれしい。さらに、おろし、とろろ、しいたけの三色だしという欲張りなりゅうぜんそばも人気だとか。

200605293
 食後は、そば粉100%使用のそばだんごでしめましょう。ほんのり甘いきな粉がかかっており、お茶と共にホッと食後のひととき。

 これからの季節、永平寺を訪れるならぜひ、古跡館りうぜんで冷たいそばを食べてみてください。きっと落ち着きますよ。

古跡館りうぜん
福井県吉田郡永平寺町荒谷37-10
電話:0776-63-3137
『りゅうぜんそば』 1,300円
『雲水そば』    1,000円
『そばだんご』     500円

|

« 道の駅に列車を発見! | トップページ | だんご茶屋のりゅうぜんだんご »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永平寺の門前で名物の雲水そばを堪能!:

« 道の駅に列車を発見! | トップページ | だんご茶屋のりゅうぜんだんご »