« 曹洞宗大本山永平寺の風景(その10) | トップページ | セルフビルトスクールに参加!(おまけ) »

セルフビルトスクールに参加!

20060611
 ログハウスメーカー、TALOインターナショナル主催のセルフビルトスクールに参加してきました。今回は、滋賀県大津市(旧志賀町)の琵琶湖を見下ろす田んぼに囲まれた空き地が会場です。時より雨がぱらつくあいにくの曇り空の下、集まった参加者たちは総勢10数名。若い家族連れや僕と同じ世代から50代の幅広い年齢層の男性たち、さらには年配女性と参加者はさまざま。手分けしながらログを組み立て始めます。

 今回、セルフビルトスクールで組み立てるログは、10帖タイプのシンプルなもの。メーカー担当者の話に熱心に耳を傾けながら前説を聞き、手分けしながらログを組み立て始めます。

200606112200606113

 ログ材を1本ずつ組み上げ、ログにダボを打ち込んでいきます。ログハウスの組み立ては、基本的にこの繰り返し。参加者みんなで協力してログ材を運び、ダボを打ち込んでログの壁を作っていくのですが、このダボ打ちが結構大変(汗)。木槌でダボを一気に数回で打ち付けてログに埋め込まないとダボが裂けて割れてしまいます。打ちつけている間に力が抜けていき、何度か失敗してしまいました。

 悪戦苦闘しながら初心者軍団によるログは指導員の親切丁寧な指導の下、順調にログ材が組み上がり、昼からは足場に上がりながらの高い位置での作業のはじまり。足元が不安定で、ダボ打ち付けにうまく力が入りません。

 初対面の参加者同士で行ったセルフビルトスクール。ログハウスをこれから建てようと思っている人、セルフビルトに興味のある人と同じ志を持つ者同士が、

200606114_2
「このダボここでいいのかな?」
「あってるあってる」

「あ~疲れた。次、ダボ打ちお願いしま~す」
「僕、やります。木槌、お願いします」

などと、すぐに打ち解け声を掛け合い協力し合いながら立てた10帖のログハウス、本日のスケジュールである棟上までがついに完成!

200606115
 よく見ると組み立てはガタガタだったようだが…。まあいいっか。自分たちで作り上げたログハウスを眺めていると、モノ作りの楽しさを味わうことのできた充実した一日だったなぁと実感しました。

|

« 曹洞宗大本山永平寺の風景(その10) | トップページ | セルフビルトスクールに参加!(おまけ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セルフビルトスクールに参加!:

« 曹洞宗大本山永平寺の風景(その10) | トップページ | セルフビルトスクールに参加!(おまけ) »