« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

「フィールドライフ」冬号

20061214
 様々なジャンルの趣味の世界を追求するエイ出版は、カラー写真をふんだんに使用し、見ているだけで楽しくなるような、いままでにないスタイルの趣味の文庫をはじめ、雑誌を数多く発行している。中でも、僕が定期購読しているのが「フィールドライフ」というアウトドアマガジン。年四回発刊の季刊誌で、四季に応じた自然の中での“遊び人”のためのフリーマガジンです。

 最新刊の冬号は、里山スノートレッキング。スノーシューやテレマークで大雪原や雪山をゆっくり歩いてトレッキング。雪が降り積もった真っ白なフィールドでの楽しみ方がたくさん紹介されていて、雪山へ駆け出したくなる衝動に駆られる。

 さあ、いよいよ冬本番!今冬もウィンタースポーツに繰り出そう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BE-PAL 1月号

20061213
 我が家の愛車は、トヨタのプリウス。そう、エコカーで知られているハイブリッド車だ。
旅の相棒として西へ東へ。3年で走行距離のメーターは6万kmを指しており、11月には3年目の車検を済ませ、ますます絶好調。ただし、タイヤは磨り減り、交換時期をすでに超えている。

 走行距離は3年で6万kmというと、通常(1年で1万キロ走ればよく乗っているといわれている。)の2倍の距離を稼いでおり、下取りの残額やタイヤ交換経費を計算すると、ここらで新車に乗り換えようかとも思案したが、一度ハイブリッド車に乗ったらガソリン車に乗り換えることができない。だって、リッター22~23kmとガソリン代高騰の昨今、燃料代がおよそ半分で済むのだから。

 我が家では、旅や野遊びで大活躍の愛車、プリウス(我が家では「キロキチ」と呼んでいる)。本格的な冬を前に、タイヤを交換し、手入れをして、もうしばらく旅の友として活躍してもらおう。

 BE-PAL1月号の特集は、“シアワセになれるクルマ選び”。
高級車に乗ること?それとも、古くてもお気に入りの車を大事に乗ること?クルマ選びも人それぞれ。さて、あなたは、どんなクルマに幸せを感じますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばりこ山岳会の活動報告書

20061212200612122

 これがばりこ山岳会忘年会で披露された久保母ちゃん作の“2006年ばりこ山岳会報告書”。

 パソコンが普及している昨今、手書きのコメントと切り貼り写真による手作り報告書はとても新鮮で大好評。

 会社で社員の目を盗みながら昼休み返上で制作してくれた久保母ちゃんに拍手。

 2006年の活動記録として額に入れて飾っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばりこ山岳会忘年会!

20061211
 一年の締めくくり、市内某所で行われたばりこ山岳会の忘年会には、総勢11名のメンバーが集まり、大盛り上がり。

 山岳会と称しながらも山登りには参加せず、いつも宴会のみ参加の数名も加わっており、久しぶりの集まりのためか、皆、我先にと、しゃべる、しゃべる。誰も人の話など聞いちゃあいない。皆ひと通り話し終え、ひと息ついたところで、久保母ちゃん手製のオリジナル活動報告書とばりこ会長自ら作成した山岳会カレンダーの登場。おふたりのオリジナル品の披露に一同感嘆の声があがる。

 今年一年の山岳会の活動を顧みながら、忘年会は最高潮に盛り上がり、二次会へ突入。来年一年の更なる活動を期待して、気分よく忘年会は散会となり、皆、三三五五に深夜のネオン街へと消えていった。皆、どこへ行ったのか?

 次回は、自主トレの冬山金剛山でお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成!「ばりこ山岳会」の集大成!

20061210
 できた!これぞ、「ばりこ山岳会」の集大成!

 今までの活動記録が網羅された、「2007年ばりこ山岳会オリジナルカレンダー」の完成!題して、「Bariko Alpine Club Calendar」の完成である。

 撮りだめてきた山岳会メンバーのユニークな表情をはじめとしたナイスショットをふんだんに使い、カレンダーの日にち部分には、今までの活動記録やメンバーの誕生日まで記載された優れものカレンダーである。

 これは、きっとウケること間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ばりこ」山岳会の活動を顧みて

20061209
 2004年10月から本格的に活動を開始した「ばりこ山岳会」も2年が経過し、その間、せっせせっせと山登りに勤しみ、経験を重ねるごとにメンバーも皆、山岳会らしく、板に付いてきた。というのも、回を重ねるごとに、小物王こと“まろチチ”はじめ、皆、競うように登山グッズはいいものを揃えているので、道具と格好だけは皆一人前である。

 この2年間、僕が「ばりこ山岳会」の名カメラマン?として活動の記録を撮影し続けた画像はざっと1,000枚以上。その中から選りすぐりの画像を僕が選択し、ばりこ会長がそれらの画像を使って数日後の忘年会までに何かを作り、皆をあっと驚かせようと企んでいる。

 さあ、2日後に迫った忘年会までに間に合うかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷った末、購入したモンベル製ダウンジャケット

20061208
 今年の冬はダウンと決めていた。

 アウタージャケット、フリースのアウターは数多く持っているが、ダウンのアウターはなかったので、今年こそ買おうと心に決めていたのだ。

 ダウンジャケットの中でも、モンベル製の「U.L.ダウンインナージャケット」にするか、「U.L.サーマラップアクションジャケット」にするか、最後の最後まで悩んだ。

 インナージャケットは、グース(ガチョウ)の胸毛を使用したフィルパワー値(保温力を示す値)最高ランクの800フィルパワーダウンを使用しており、重さわずか200gという超軽量ダウン。

 一方、アクションジャケットは、速乾性と保温性を兼ね備えたポリエステル綿を使用しているため、メンテナンスがしやすく家で洗濯できるのがメリット。また、文字通り屋外で運動量の多いトレッキングや山登りで汗をかいても快適に過ごすことができ、袖口には、親指だけ通しフィンガーレスグローブのような役割を果たすサムホールという僕の心をくすぐるような小技まで付いている。確かにこれならフィールドでコーヒーを沸かすときなど、わざわざ手袋を脱がなくても指が自由に使え、こまごました作業には重宝するだろう。

 どちらもメリットがあり、悩みに悩んだ結果、タウンユースにも気軽に使用でき、デザインやカラーなどから判断してダウンインナージャケットにした。これなら、フィールドでもタウンでも、どちらでも使えそうである。サムホールの機能はフィンガーレスグローブを買えば代用できるので諦めるとするか。

 ダウンインナージャケットが、新たに我がアイテムに仲間入り。この冬の活躍に期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬用フリースキャップ

20061207_1
 ポリエステル繊維を編んだフリース素材「シャミース」を使用したモンベル「コードシャミースキャップ」をモンベルショップで購入。

 近場の山で早速試してみたが、薄手にもかかわらずとても暖かく、快適に過ごせた。これなら、雪山登山やスノーシューに重宝しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口外郎

20061206_1
 山口外郎。人名ではありません。外郎と書いて“ういろう”です。

 外郎は、名古屋が有名ですが、山口県の銘菓でもあります。中でも「御堀堂」の外郎は、室町時代から伝わる「山口外郎」の老舗でそれは絶品。「御堀堂」の外郎に出合ったのが、ちょうど一年前の山口県萩、津和野を訪れた際にお土産で買って帰ったときのこと。白外郎、黒外郎、抹茶外郎の3種類があり、わらび粉と北海道産の小豆餡が主原料で、あっさりとした上品な味わいが特徴の外郎です。

 この度、会社の元上司が山口県の萩、津和野を旅したお土産に宅配で送ってくれたのです。およそ一年ぶりに味わう「御堀堂」の外郎。ごちそうさまでした。

「御堀堂」
山口県山口市駅通り1-5-10
電話:083-922-1248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夢の丸太小屋に暮らす」1月号

20061205_1
 隔月発売の「夢の丸太小屋に暮らす」は、ログハウスの魅力と知識を凝縮したログハウス専門雑誌。毎回、発売を楽しみにしている一冊です。

 新年1月号の特集は、「ログハウス建築のアイデア156」。先にログハウスの住人となった方々の実用情報が満載のログハウス実例集。ページを繰って数多くの実例を見ていると、自分のログハウスでの生活イメージが膨らみます。

 「夢の丸太小屋に暮らす」1月号は、別冊付録に「ログハウスカレンダー2007」がついて1,980円。11月30日発売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマケイJOY Winter

20061204_1
 コートに身を包み、急ぎ足に白い息を吐きながら、交差点を足早に行き交う寒い朝の出勤風景。夜は赤や青、緑のクリスマスイルミネーションが街を彩る季節。いよいよ本格的な冬に突入。

 山は赤や黄色の燃えるような風景から一面真っ白な世界に様変わり。さあ、鮮やかなアウタージャケットに身を包み、冬山へ繰り出そう。今年もスノーシューに出掛けようと只今計画中です。

 いざ、冬山へ!
その気にさせる「ヤマケイJOY Winter」は、11月30日発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉で賑わう箕面滝

20061203
 何年ぶりだろう?赤く染まった紅葉の森を抜けると落差33mの箕面の滝に到着。日本の滝100選にも選ばれている滝です。

 改めて滝を眺めてみるともっと落差のある滝だと思っていたのだが、何だか小さく思える。でも大阪の市街地に近いところで、こんな自然美あふれる光景を眺められるのはうれしいものである。

 滝壺のそばまで歩み寄り、しばし滝の流れを眺める。

 次は新緑の季節に来てみよう。きっと違った姿を見せてくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷えた体に一本?

20061202
 箕面の滝へ向かう途中の売店で見つけた甘酒。

 冷える秋の夕方。ここでひと息。きっとこんな光景を見つけたら手が伸びる人も多いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色鮮やかに染まった山に囲まれて

20061201
 11月下旬に近場の紅葉の名所、箕面に足を運んだ。平日だというのに駐車場は満車。少し離れたところに車を駐車し、箕面の滝までトレッキング。

 赤や黄に染まった山の木々に囲まれ、川の流れに耳を傾けながら歩いていると、心癒され落ちつく。

 落ち葉がヒラヒラ~とゆっくりと舞い落ち、目の前に着地。立ち止まって周囲を見渡すと、まるで自然が作り上げた鮮やかな落ち葉のキャンバスに身を置いているかのよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »