« ばりこ山岳会の活動報告書 | トップページ | 「フィールドライフ」冬号 »

BE-PAL 1月号

20061213
 我が家の愛車は、トヨタのプリウス。そう、エコカーで知られているハイブリッド車だ。
旅の相棒として西へ東へ。3年で走行距離のメーターは6万kmを指しており、11月には3年目の車検を済ませ、ますます絶好調。ただし、タイヤは磨り減り、交換時期をすでに超えている。

 走行距離は3年で6万kmというと、通常(1年で1万キロ走ればよく乗っているといわれている。)の2倍の距離を稼いでおり、下取りの残額やタイヤ交換経費を計算すると、ここらで新車に乗り換えようかとも思案したが、一度ハイブリッド車に乗ったらガソリン車に乗り換えることができない。だって、リッター22~23kmとガソリン代高騰の昨今、燃料代がおよそ半分で済むのだから。

 我が家では、旅や野遊びで大活躍の愛車、プリウス(我が家では「キロキチ」と呼んでいる)。本格的な冬を前に、タイヤを交換し、手入れをして、もうしばらく旅の友として活躍してもらおう。

 BE-PAL1月号の特集は、“シアワセになれるクルマ選び”。
高級車に乗ること?それとも、古くてもお気に入りの車を大事に乗ること?クルマ選びも人それぞれ。さて、あなたは、どんなクルマに幸せを感じますか?

|

« ばりこ山岳会の活動報告書 | トップページ | 「フィールドライフ」冬号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BE-PAL 1月号:

« ばりこ山岳会の活動報告書 | トップページ | 「フィールドライフ」冬号 »