« 冬用フリースキャップ | トップページ | 「ばりこ」山岳会の活動を顧みて »

迷った末、購入したモンベル製ダウンジャケット

20061208
 今年の冬はダウンと決めていた。

 アウタージャケット、フリースのアウターは数多く持っているが、ダウンのアウターはなかったので、今年こそ買おうと心に決めていたのだ。

 ダウンジャケットの中でも、モンベル製の「U.L.ダウンインナージャケット」にするか、「U.L.サーマラップアクションジャケット」にするか、最後の最後まで悩んだ。

 インナージャケットは、グース(ガチョウ)の胸毛を使用したフィルパワー値(保温力を示す値)最高ランクの800フィルパワーダウンを使用しており、重さわずか200gという超軽量ダウン。

 一方、アクションジャケットは、速乾性と保温性を兼ね備えたポリエステル綿を使用しているため、メンテナンスがしやすく家で洗濯できるのがメリット。また、文字通り屋外で運動量の多いトレッキングや山登りで汗をかいても快適に過ごすことができ、袖口には、親指だけ通しフィンガーレスグローブのような役割を果たすサムホールという僕の心をくすぐるような小技まで付いている。確かにこれならフィールドでコーヒーを沸かすときなど、わざわざ手袋を脱がなくても指が自由に使え、こまごました作業には重宝するだろう。

 どちらもメリットがあり、悩みに悩んだ結果、タウンユースにも気軽に使用でき、デザインやカラーなどから判断してダウンインナージャケットにした。これなら、フィールドでもタウンでも、どちらでも使えそうである。サムホールの機能はフィンガーレスグローブを買えば代用できるので諦めるとするか。

 ダウンインナージャケットが、新たに我がアイテムに仲間入り。この冬の活躍に期待しよう。

|

« 冬用フリースキャップ | トップページ | 「ばりこ」山岳会の活動を顧みて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷った末、購入したモンベル製ダウンジャケット:

« 冬用フリースキャップ | トップページ | 「ばりこ」山岳会の活動を顧みて »