« 高野山を旅するならお得で便利な「高野山フリーサービック」 | トップページ | 足助の懐かしい味処「花ごよみ」 »

旅先で見つけた廃駅

20070119
 愛知県の山間部、足助を訪れる道中に見つけた駅跡。

 終着駅でレールが途切れた無人駅。ホームの駅名表も取り外されており、駅舎にも駅名がわかるものが何もない。

 周囲を見渡すと民家も少なく、駅は足助へと続く国道に面しており、時より車が行き交う様子をみていると、鉄道を利用する人もごくわずかだったことに容易に想像がつく。

 結局、駅名がわからず、その場を離れた。家に帰ってから調べてみると、名鉄三河線の終着駅、西中金駅であることがわかった。名鉄三河線の西中金~猿投間は、2004年(平成16年)3月31日限りで廃止されており、廃止後3年経過したにもかかわらず、レールは赤錆び、ホームも当時のままで放置されたまま。

 かつては多くの旅人が行き交った駅。かつての繁栄とは裏腹に、人が利用しなくなり荒廃のすすむ廃線、廃駅には、どこか哀愁を感じさせる。

 旅先で見つけた鉄道遺構のひとコマであった。

|

« 高野山を旅するならお得で便利な「高野山フリーサービック」 | トップページ | 足助の懐かしい味処「花ごよみ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅先で見つけた廃駅:

« 高野山を旅するならお得で便利な「高野山フリーサービック」 | トップページ | 足助の懐かしい味処「花ごよみ」 »