« 極楽橋から高野山目指して出発! | トップページ | 雪の降り積もった木立に囲まれて… »

アイゼン装着し、高野山を目指す

20070110
 南海高野線極楽橋駅に降り立った僕たちは、高野山山頂に続くケーブルカーの乗り場には向かわず、ホーム先の小さな改札口を抜ける。いよいよ、ここ極楽橋駅からケーブルを利用せず、高野山を目指すスノートレッキングのスタート!

 改札口の外は雪の降り積もった下り坂。駅改札の庇を借りてアイゼンを装着し、真っ白な世界へ飛び出した。

 地図でルートを確認すると、山頂近くの不動坂口女人堂までは、途中、石畳の道や原生林の中を登る高野山登山コースは、不動坂コースとして登山道が整備されており、距離にして2.5km。この不動坂コースを登り、ひとまず女人堂を目指そう。今回の最終目的地は、弘法大師信仰の中心霊域の奥の院としているが、女人堂から先の行程は到着してから考えよう。

 駅改札口を抜け、駅名になっている極楽橋を渡り、杉林に囲まれた参道、不動坂コースを登り始める。

|

« 極楽橋から高野山目指して出発! | トップページ | 雪の降り積もった木立に囲まれて… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイゼン装着し、高野山を目指す:

« 極楽橋から高野山目指して出発! | トップページ | 雪の降り積もった木立に囲まれて… »