名古屋→大阪 3時間の“旅”

20070304
 週末、名古屋で仕事があり、帰りに「青春18きっぷ」を使って、大阪まで帰ってきました。

 新幹線なら1時間のところ、快速列車でおよそ3時間の“旅”ができました。仕事終わりで疲れていたけど、乗り換えは米原で1回のみ、また、名古屋から大阪までの途中、ずっと座れたので、ぐっすり眠って帰ることができました。

 名古屋を出たのが19時で、大阪に到着したのが22時。新幹線と比べると、時間は3倍かかったけど、経費は4分の1で済み、名古屋のお土産を買って帰ることができたのです。何を買ってきたかは、このあと紹介したいと思います。

 名古屋から大阪まで普通列車で帰ってくるなんて、翌日、休みだったので、多少時間が掛かってもできたことだけどね。残った「青春18きっぷ」4回(人)分は、次回の旅の楽しみに残しておこう。

 このように、上手に使えば、「青春18きっぷ」は、出張でも使える便利でお買い得な切符です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「JR発足20周年・青春18きっぷ」

20070303
 この春限定の「JR発足20周年・青春18きっぷ」買っちゃいました。
券面には、「JR発足20周年・青春18きっぷ」のタイトルが記載されています。

 さて、どこへ行こうかな?行き先を考えるのも旅の楽しみのひとつ。時間を作って、のんびり列車の旅に出掛けようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春です。青春18きっぷの季節です。

20070301_1
 いよいよ3月。今年は暖冬で大阪でも雪が降ったのは数回程度。このまま春に突入なのかな?

 3月に入れば、暖かい春の旅も考えたくなる頃。そこで、鉄道の旅に欠かせないのが、春、夏、冬限定発売のJR全線普通列車一日乗り放題の「青春18きっぷ」です。

 今年は、JR発足20周年記念!ということで、通常11,500円のところが、なんと、特別価格8,000円で発売。もちろん、いつもどおりの普通列車一日乗り放題の切符が5枚つづりで、一枚あたり1,600円と超お買い得。

 この春は、お得な「JR発足20周年・青春18きっぷ」片手にのんびり普通列車の旅に出掛けてみませんか?

「JR発足20周年・青春18きっぷ」
発売期間:平成19年2月20日~平成19年3月31日
利用期間:平成19年3月1日~平成19年4月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノシシの皮

20070127
 きれいに皮を剥がされたイノシシたち。

 イノシシの皮の使い道は、どうなるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足助の猪肉あります

20070126_1
 街道沿いの肉屋さん。古いガラス戸越しに中の様子を覗いてみると、肉が並んだ冷蔵ケースがチラッと見え、地元のおばさんが店内でおしゃべり。外から店内を覗いている僕たちには全く気にしていない様子。この町では、ゆっくりした時間が流れているようだ。

 店の人たちのおしゃべりの腰を折らないように、そーっと、その場を立ち去ろうとしたとき。

 ギョッ!

 足元にイノシシ!腹を裂かれ、きれいに内臓を取り去られ、足を縛られたイノシシの姿!そこに「足助の猪肉あります」の張り紙。

 足元に置かれていたのに、全く気付かなかった。これから店の冷蔵ケースに並ぶのだろうなぁ。イノシシのこんな姿、はじめて見た。

 あー、ビックリした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿場町、足助の風景

20070125
 旧街道沿いに蔵の町並みが美しい足助の町並み。

 郵便局も白壁の蔵の建物を模しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵の中ギャラリー

20070124200701242

 足助の代表的な小路、マンリン小路の脇に蔵の書店、マンリン書店がある。

 古い建物に蔵の中ギャラリーも併設。

 建物に旧街道の宿場町の繁栄を感じさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小路が入り組んだ足助

20070123
 足助に到着してから食べてばかりだったので、食べるのはここでひと息つけて、食後の運動とし、足助の宿場町を歩くことにしよう。

 街道沿いに町を形成している足助の町は、町の中心を通る中馬街道から小路が枝分かれしている。

 数多い小路のなかでも、特にマンリン小路は、美しい坂の小路。蔵に囲まれた独特の雰囲気を醸し出している。

 奥行きが約50mほどの短い小路だが、足助を代表する小路です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅先で見つけた廃駅

20070119
 愛知県の山間部、足助を訪れる道中に見つけた駅跡。

 終着駅でレールが途切れた無人駅。ホームの駅名表も取り外されており、駅舎にも駅名がわかるものが何もない。

 周囲を見渡すと民家も少なく、駅は足助へと続く国道に面しており、時より車が行き交う様子をみていると、鉄道を利用する人もごくわずかだったことに容易に想像がつく。

 結局、駅名がわからず、その場を離れた。家に帰ってから調べてみると、名鉄三河線の終着駅、西中金駅であることがわかった。名鉄三河線の西中金~猿投間は、2004年(平成16年)3月31日限りで廃止されており、廃止後3年経過したにもかかわらず、レールは赤錆び、ホームも当時のままで放置されたまま。

 かつては多くの旅人が行き交った駅。かつての繁栄とは裏腹に、人が利用しなくなり荒廃のすすむ廃線、廃駅には、どこか哀愁を感じさせる。

 旅先で見つけた鉄道遺構のひとコマであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野山を旅するならお得で便利な「高野山フリーサービック」

20070118
 1月にスノートレッキングとして高野山を訪れた。その高野山へのアクセスに利用したのが南海電鉄の「高野山フリーサービック」だ。

 この「高野山フリーサービック」は、高野山駅までの割引往復乗車券と高野山内バス割引フリー乗車券がセットになった企画乗車券で、特典として、高野山の寺院拝観料やお土産割引券がセットになっている。 詳しくは、下記のとおりとなっている。

高野山フリーサービックに含まれるクーポン券(南海電鉄HPより)
●発駅~高野山駅までの往復乗車券
●高野山内バス(南海りんかんバス)フリー乗車券
●拝観2割引サービス券(金剛峯寺、金堂・根本大塔、霊宝館)
●おみやげ1割引サービス券(珠数屋四郎兵衛店、新中の橋会館)

 今回利用した「高野山フリーサービック」は、橋本駅から2,100円。
橋本駅から弘法大師の御廟所、奥の院まで往復すると、通常、片道で、
橋本駅~極楽橋駅(南海高野線)    430円
極楽橋駅~高野山駅(ケーブルカー)  380円
高野山駅~奥の院(南海りんかんバス) 400円
の計算になり、往復で2,420円となり、「高野山フリーサービック」との差額は320円。

 僕たちは、高野山登山がひとつの目的だったので、往路はケーブルカーを利用していないため、値段的にはあまり得した気分はなかった。それより、山上のバスを乗ったり降りたりした際、その都度、登山装備で着込んだ服装から、面倒な小銭をジャラジャラ出さずに、切符一枚を運転手さんに呈示するだけだったので、大変便利に登山後も高野山上を旅することができた。

 世界遺産に登録された高野山へは、山上のバスも乗り放題の南海電鉄「高野山フリーサービック」が便利でおトク!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧