ハアハア…。 息を切らせながら急坂が続く登山道をひとまず、明神平を目指して登り続ける。