登山口からおよそ1時間ちょっと。急坂の場面を乗り越え、やっとなだらかな登りが続いて、頭上には新緑の木々が茂り、青空が見えるほど開けてきた。ここまでくれば明神平が近い。