視界が広がる草原を駆け上がり、ふと立ち止まり振り返ると、先ほど歩いてきた山小屋のある明神平が広がっている。